大塚国際美術館で美術鑑賞、疲れたらレストランでボンカレー。水分補給はポカリで決まり!

ポカリスエット

【イオンサプライポカリスエット】このキャッチフレーズも聞いたことありますよね?!ポカリスエットも大塚製薬から発売されています。今でこそ、スポーツの時や病気中の脱水症状を防ぐためにも、スポーツドリンクを飲むのが当たり前になっていますが、ポカリスエットはスポーツドリンクが普及する前の先駆けともいえるのがこのポカリなんです!ボンカレーが日本初のレトルト商品ですが、ポカリはスポーツドリンク普及に大きく貢献した飲み物ではないでしょうか?!

商品コンセプトは【飲む点滴】で、、ヒトの体液に含まれる7種類のイオン(陽イオン(mEq/l) Na+:21,K+:5 ,Ca2+:1 ,Mg2+:0.5、陰イオン(mEq/l))Cl-:16.5, citrate3-:10, lactate-:1)が含まれています。

ポカリの概要

1980年(昭和55年)4月に245 g缶というちょっと細いタイプの缶で発売されて、6月に1Lで薄めるタイプの希釈用のパウダータイプで発売されました。価格は缶タイプで当時120円とちょっと割高です。この割高ポカリは、今でも他のスポーツドリンクと比べても割高は変わらないと思います。(この時点のコカ・コーラ社製品の250 ml缶は100円)

発売当初の、ポカリスエットのキャッチフレーズは「アルカリイオン飲料」でした。「内溶液のpHがアルカリ性を示す」との誤解を招くかもしれないということで、現在は 「イオンサプライ」とショルダーフレーズを変更しています。

80~ イオン飲料アルカリ性・アルカリイオン飲料、 83~ アイソトニック飲料、84~ イオンサプライ 、92~ リフレシュメント・ ウォーター、99~ ボディ・リクエスト、02~ イオンサプライとなります。ヒトの体液に近い組成と浸透圧の生理食塩水(リンゲル液)が、発汗によって失われた水分を補給するのに効率が良い事は、旧日本陸軍など様々な研究機関で研究されていました。アメリカ合衆国では、リンゲル液を飲みやすい味に仕上げたスポーツドリンクとして、ゲータレードが商品化されていました。

日本美術館巡りの旅…
日高市 不動産日高市でのお部屋探し、中古マンション売買のことなら田中住販へ!

ポカリ誕生

1973年(昭和48年)オロナミンCの開発を担当した研究員の播磨六郎がメキシコ出張で水にあたってしまい、ひどい下痢になりました。医者に掛かかりましたが、医者からは抗生物質を処方されただけで、あとは水分補給のためジンジャーエールを飲みなさいと指示されただけでした。下痢にジンジャーエールが効くということではなく、当時のメキシコにはミネラルウォーターがあまり売っていなかったこともあってジンジャエールを医者から勧められたということもあります。

このときに研究員の播磨六郎は、「体にすぐ吸収される飲料が商品化できないか?!」と思い立ちます。メキシコから帰国後、後に社長に就任する大塚明彦にこの事を報告したところ、「そういう商品もポツポツいるな。」と言う返事が返ってきました。この時すでに大塚明彦は、雑誌の記事でアメリカでゲータレードが発売されたことを知っていたということもありました。そして大塚が社長に就任したあとに、開発がスタートすることになりました。開発する時に目指したものは、『多くの人に飲んでもらえるように!』 スポーツドリンクではなくて、日常生活の中で飲む飲料を目指して開発していきました。

元々大塚製薬では、病院などで使用される点滴用のリンゲル液を手がけていました。グループ会社の大塚製薬工場は輸液(点滴)の分野では国内生産のシェアが一番多く、アメリカで先行商品として売られていたゲータレードがリンゲル液の組成に近い事はすぐに判明しました。

また長時間の手術を終えて疲労した医師が、水分補給にリンゲル液を飲用している事実も知っていました。まず自社のリンゲル液を元にして開発が進められていきました。各種イオン濃度は綿密に調整されて、ヒトの体液に極めて近い組成及び浸透圧になっています。(「アイソトニック飲料」という用語もここから誕生)。

先行商品のゲータレードに対抗するために、食味の研究も入念に行われて、赤穂の塩味饅頭をヒントに『塩味』と『甘み』の絶妙のバランスを図りました。

無果汁と表記されていますが、苦味を和らげる為に果汁を使用していることが知られています。グレープフルーツなど少量の果汁が使用されているので、原材料には「果汁」と表記されています。果汁5%未満であれば無果汁表記と果汁%表記が選択できるということもあり、法律上は不当表記ではありません。このようなケースの場合は、ほとんどの製品が果汁%表記を選択するのが普通なので、なぜ無果汁表記をとったのか?!と不思議に思われることが多いです。大塚ベバレジ(現在は大塚食品)のマッチも同じく無果汁表記になっています。

「味覚感がない」という理由で、飲料水パッケージにはほとんど採用されてこなかった青色を、缶デザインに初めて大々的に取り入れる斬新なデザインで清涼感を強く打ち出して、後のスポーツ飲料のイメージを決定付けることになりました。

現在は日本や東南アジアをはじめとして、多くの国で発売されています。大塚製薬によれば「食品分野の日本製品で、これだけ国際的な知名度を持つ製品は少ない」と自負しています。ただ、アメリカ合衆国などの英語圏の国々では商品名が「スウェット=汗=臭い」を連想させる、と指摘されることもあります。アメリカ国内でスポーツドリンクといえば、老舗のゲータレードの方がシャアは強いです。

ポカリのエピソード

ポカリスエットの製品化の話が持ち上がった時に際、会議では一部役員から商品として弱い!売れない!といった否定的な意見が出る中で、商品サンプルを見た大塚明彦社長(当時)の「これは売れる」という鶴の一声で一気に話が進んだといいます。販売開始初年度は、ポカリスエットが未知の味だったということもありセールスは不調で、オロナミンCを置いてもらっている店でも「売れる気がしない」と言われて、ポカリスエットはなかなか置いて貰えませんでした。

テントを立てて1杯100円で試験販売しても不評でした。そこで戦略を変えて、無料配布(今で言うサンプリング)を1年間(スポーツ競技会・イベントなど効果的な場を選んで)続けた結果、それまで横ばいだった売れ行きが、2年目の夏に一気に売れ始めました。(ちなみに初年度の無料配布で40億以上もの損失)今でも夏場には、ポカリスエットの無料配布を続けています。

ポカリスエット発売寸前には、広告などが全て刷り上って準備万端という時に、グループ会社の大塚食品の社員から「食品関係のパッケージに青は絶対に使わない」と言われて、商品に関わった社員たちは順調な売れ行きを知るまでの期間を戦々恐々として過ごしていました。

発売当初は缶タイプで120円でしたが、1983年に日本コカコーラがアクエリアスを250ml缶100円で発売したのに対抗して、1984年2月から100円に値下げされました。このときのCMは「余った20円は、思う存分使ってください」という値下げを伝えるCMが放送されました。

石原裕次郎が1981年に心臓の手術を受けた後に、「喉が渇いている、ポカリスエットが飲みたい。」と筆談でしきりに懇願し、兄石原慎太郎が記者たちの前でそのことを口にしたところ、その日からポカリスエットの売上が急増しました。大塚製薬からはトラック1台分のポカリスエットが病院に届けられて、石原新太郎の家には数ケース分のポカリスエットが届けられたといいます。ちまなに、石原プロダクションと大塚製薬は、これがキッカケとなり縁になり、大塚製薬は「21世紀の石原裕次郎を探せ!」オーディションの冠スポンサーを務めています。

ポカリスエットの「ポカリ」は、明るくさわやかな響きを持つ言葉としてつけたもので、特別な意味はありません。「スエット」は文字どおりの「汗」の意味で、体から目に見えて失われる「汗」を表しています。水分やイオンの大切さを訴えることからつけられました。日本体育協会や厚生労働省の推奨するナトリウム濃度とポカリスエットは合致しています。

海外展開も積極的に行っています。インドネシアでは、2006年に製造本数として2億3,000万本を達成。国民1人あたり1本以上という年間消費量を達成しました。

元気ハツラツ~?